どれに並べばいいの?名鉄名古屋駅の使い方・乗り方

お得な移動情報
スポンサーリンク

名鉄名古屋駅は、愛知県の私鉄・名古屋鉄道の一大ターミナルです。

ここから、愛知県や岐阜県の各都市に向かって、名鉄の電車が走っていきます。

旅行者にとっても、名古屋に来た際に、観光で犬山を訪れるときや、

中部国際空港を利用するときに、よく利用する駅です。

しかし、この名鉄名古屋駅、他県民にとっては、非常に使いづらい駅となっています。

今回は、そんな名鉄名古屋駅の使い方・乗り方について、ご紹介いたします。

名鉄名古屋駅について

名鉄の主要ターミナル

名鉄名古屋駅は、冒頭でも書きましたが、名鉄の主要ターミナルです。

この駅から、岐阜県の岐阜や各務原、愛知県の犬山や岡崎、豊橋、知多半島、

中部国際空港に向かうことができます。

上の路線図の色のついた路線が、名鉄名古屋駅から直通列車が走っている路線です。

行先が多岐に渡ることが分かるかと思います。

2~3分に一度は電車が発車する

これだけ行先が多いので、電車の発車本数も多くなっています。

下に、休日昼間の1時間当たりの、行先別発車本数をまとめました。

名古屋から北に向かう電車の場合、

岐阜方面が8本、津島・佐屋方面が4本、犬山方面が12本の、

計24本です。

名古屋から南に向かう電車の場合、

中部国際空港方面が6本、内海・河和方面が4本、吉良吉田方面が2本、

豊橋・豊川稲荷方面が14本の、計26本です。

北行・南行ともに、2~3分に1本、電車が発車していることになります。

スポンサーリンク

行先は多いのに、駅の構造はシンプル

これだけ行先が多く、発車本数も多いとなると、ホームの数も多いに違いありません。

参考に、小田原・藤沢・多摩センター方面に向かう小田急の新宿駅は線路の数は5本。

神戸・宝塚・京都に向かう阪急の梅田駅は、線路の数は9本です。

では、名鉄の名古屋駅は、一体何本の線路があるのでしょうか

答えは、北行1本、南行1本の計2本です。

電車の行先の数に対して、驚くべき線路の少なさです!

つまり、ひっきりなしに来る、色々な行先の電車の中から、

自分が乗る電車を選んで乗らないといけないということになります。

非常に難易度の高い駅です。

どのホームから乗ればいいのか

ここから、乗り方の話となりますが、

名鉄名古屋駅は乗る車両によって、動線が分かれています。

上の図の通りですが、普通の車両(一般車)に乗る場合は、北・南行とも、

線路外側のホーム(1,4番線)から乗車します。

降車の場合は、真ん中のホームに降ります。

これに対し、特別車(快特・特急に連結)に乗る場合は、北・南行とも、

真ん中のホーム(2,3番線)から乗車します。

降車の場合は、外側のホームに降ります。

どこに並べばいいのか

特別車の場合は、他の鉄道会社と同じで、指定号車の位置から乗り込みましょう。

ミュースカイ以外の快特・特急は、一部特別車は豊橋側に連結されています。

問題は、一般車に乗車する場合です。

名鉄の電車は、2両の電車もあれば、8両の電車もあります

さらに、必ずホームの真ん中で停まるというわけでもなく、行先によって、

ホームの端に寄って停まったりします。

つまり、間違った位置で並んでいると、目的の電車が来て乗り込もうとしても、

目の前を通過してしまうということにもなりかねません。

こうならないために、名鉄はどこに並べばいいかを、工夫して案内しています。

まずは、発車案内板をみる

まず、ホームの発車案内板を見ます。

他の鉄道会社なら、ここに乗車位置も書かれていることも多いですが、名鉄の場合は書いていません。

ここで、見るべき場所は、行先の駅名を囲っている色」です。

上の写真の8:34発の普通佐屋行ですと、「佐屋」の部分がピンク色で囲われています。

ZUMI
ZUMI

この色を確認して、覚えましょう!

スポンサーリンク

向かい側ホーム上部にある案内板を確認する

次に、自分のいるホームの向かい側にあるホームの上部を確認します。

そうしますと、色とりどりの板が並んでいるのが分かります。

そこで、先ほど発車案内板で確認した色のものを探します。

その板が光っている場所が、電車の停まる場所です。

同じ色でも、板が光っていない場所では、電車は停まりません。

ZUMI
ZUMI

ここで注意しないといけないのは、あくまで光っているのは

先発列車の位置です。次発の場合は、位置が変わります。

足元の同じ色のテープのところに並ぶ

光っている案内板の位置を確認したら、足元の同じ色のテープのところに並びます。

あとは電車が来るのを待ち、乗り込めばいいだけですね。

案内の色について

案内板の色については、上の路線図にまとめました。

北行は5色、南行は4色に分かれています。

津島・弥冨方面(ピンク)以外は、普通とそれ以外の列車で案内板の色が分けられています。

スポンサーリンク

まとめ

名鉄名古屋駅の乗り方について、まとめましたが、いかがでしたでしょうか。

乗り方、分かりましたでしょうか。

え?「そもそも、どの電車に乗ればいいか分からない?」

たしかに、休日昼間の常滑線や名古屋本線岐阜方面は、普通電車が名古屋駅から発車していません。

これは名鉄名古屋駅の線路容量が足らないため、途中駅始発としている普通電車があるからです。

とりあえず、快特や特急などで、行けるところまで行ってしまいましょう。

コメント