関西(大阪・神戸)~徳島のメインルート・高速バスをお得に使う - ルート・利用料金・割引情報について

お得な移動情報
スポンサーリンク

先日、徳島からの帰りに、高速バスを利用しました。

私は普通に、当日徳島からのチケットを購入して、関西に帰りましたが、やり方によっては、南海フェリー並みの価格で利用することもできるようです。

今回は、関西~徳島の高速バスについて、ルートや設備、利用料金について、まとめてみます。

関西(大阪・神戸)~徳島のルートについて

高速バスルート(一部停留所省略)

大阪・神戸と徳島を結ぶ高速バスは、おおむね上のようなルートを通ります。

大阪便・神戸便とも、淡路島内での停車はありません。

また、事業者によっては、上記の停留所のうち、寄らない停留所もあります。

関西(大阪・神戸)~徳島の高速バス事業者

このルートの高速バス事業者は主に3グループに分けられます。

1)JRバス系

こちらのグループは、バスのブランドを統一して運行しています。大阪便が阿波エクスプレス大阪号、神戸便が阿波エクスプレス神戸号です。大阪便片道25便、神戸便片道18便の運行で、おのおの大体1時間に1~2本運行されます。

各便の停車する停留所は以下の通りです。

阿波エクスプレス大阪号
USJ・JRなんば駅(港町BT)・JR大阪駅~高速舞子~(鳴門公園口)~高速鳴門~松茂~徳島駅
阿波エクスプレス神戸号
神戸空港~新神戸駅~三宮BT~高速舞子~(鳴門公園口)~高速鳴門~松茂~徳島駅

※USJ・JRなんば駅(港町BT)・JR大阪駅の停車順序は便により、順序が変わります。
※鳴門公園口は、大阪・神戸から徳島方面への下り降車でしか利用できません。

2)私鉄バス系

こちらのグループは、バスのブランド名は会社ごとに違いますが、共同運行の形をとっています。大阪便片道22~23便、神戸便片道17便の運行で、おのおの大体1時間に1~2本運行されます。

大阪便・神戸便の停車する停留所は以下の通りです。

大阪便
USJ・なんば高速BT・大阪梅田(阪急三番街・ハービスOSAKA)~高速舞子~(鳴門公園口)~
高速鳴門~松茂~工業団地前~徳島駅~加茂名~石井
神戸便
新神戸~神姫三宮BT~神戸三宮~高速舞子~(鳴門公園口)~高速鳴門~松茂~徳島大学前~徳島駅

※USJ・なんば高速BT・大阪梅田(阪急三番街・ハービスOSAKA)の停車順序は便により、順序が変わります。
※鳴門公園口は、大阪・神戸から徳島方面への下り降車でしか利用できません。

3)海部観光

海部観光は、MY EXPRESSというブランド名でバスを運行しています。こちらは大阪便・神戸便とは別れておらず、数本が神戸に寄るという運行形態です。片道13便の運行です。需要により、運行する時間としない時間があります。

停車する停留所は以下の通りです。

伊丹空港・大阪駅・なんば~神戸三宮~高速鳴門~パスポート松茂~松茂とくとく前~徳島駅前営業所~大野~小松島~阿南那珂川~阿南津乃峰

※伊丹空港・大阪駅・なんばの停車順序は便により、順序が変わります

スポンサーリンク

各事業者の車内設備について

JRバス系私鉄バス系は、車内設備は同等のものを使用しています。4列リクライニングシート、トイレ付、無料Wi-Fi利用可です。

一方、海部観光のバスは、2グレードとなっており、

・3列リクライニングシート、無料Wi-Fi利用可
・4列リクライニングシート、無料Wi-Fi利用不可

となっています。(トイレは3列、4列バス関係なく、有無は便によります)

乗車料金について

各事業者の通常料金

JRバス系私鉄バス系は、通常料金設定は同じ料金です。(以下料金片道)

 ・大阪~徳島:3,700円 ・三宮/新神戸~徳島:3,300円 ・高速舞子~徳島:3,000円

海部観光バスは、バス車両のグレードで決まっています。(以下料金片道)

 ・大阪~徳島:(3列普通) 2,900円 (4列割引) 2,300円 ・三宮~徳島:(3列普通) 2,000円

※ネット予約せずに、当日乗車時の支払だと、上記金額+300円かかります。

各事業者の割引情報

JRバス系は、7日前購入割引(20%OFF)・ 3日前購入割引(10%OFF)・往復割引(10%OFF) ・
ネット購入割引(2%OFF)が用意されています。

〇日前購入割引とネット購入割引、往復割引とネット購入割引は、併用可能です。

ただし、JR鉄道線みどりの窓口・旅行会社で購入する場合、〇日前購入割引は適用されません

繁忙期には、〇日前購入割引の設定はありません。

また、徳島発に限りますが、「大阪日帰りきっぷ」という割引きっぷがあり、土日祝日に大阪を日帰りする場合に、往復4,950円 (33%OFF) で利用できます。

平日の場合は、「大阪・神戸日帰りきっぷ」という割引きっぷで、往復5,150円で利用可能です。

私鉄バス系は、7日前購入割引(20%OFF)・往復割引(10%OFF)が用意されています。

ただし、7日前購入割引には、設定座席数に限りがあります。

また、JRバス系と同じように、こちらにも「大阪・神戸日帰りきっぷ」の設定があります。

平日は往復5,150円(30%OFF)、土日祝は大阪便のみ4,950円(33%OFF)です。(神戸便は平日と金額は変わりません。)

海部観光は、平日便限定ですが、前日18:30までの予約なら、3列シート車両でも、大阪~徳島利用分を片道2,300円で購入することができます。

ただし、設定座席数に限りがあります。

スポンサーリンク

まとめ ~結局どれが安いか~

結局どれが安いかをまとめます。(徳島~大阪利用の場合)

 

平日利用で、前日18:30までにきっぷ購入できる場合

海部観光MY EXPRESSで、片道2,300円 / 往復4,600円

 

 

徳島発の利用で、土日祝に大阪へ日帰り往復する場合

阿波エクスプレス大阪号で、「大阪日帰りきっぷ」往復4,950円

私鉄バス系(徳島バス)で、「大阪日帰りきっぷ」往復4,950円

 

土日祝利用の場合

海部観光MY EXPRESSで、片道2,900円 / 往復5,800円
※4列シート便であれば、片道2,300円 / 往復4,600円

阿波エクスプレス大阪号で、7日前購入割引とネット購入割引で、片道2,900円 / 往復5,800円

 

知らないと結構損しますね。(結構損してました。)

ここら辺の割引情報もうまく活用して、関西~徳島の高速バスも利用してみてくださいね。

実際に乗車しました。

コメント