【インドネシア・ジャカルタ】オランダ統治時代の雰囲気のこる喫茶店。Cafe BATAVIA(カフェ・バタヴィア)

観光
スポンサーリンク

ジャカルタのコタ地区にあるファタヒラ広場。ファタヒラ広場にあるジャカルタ歴史博物館を見学したあと、広場をはさんで反対側にあるカフェ・バタヴィアにやってきました。

このカフェ・バタヴィアは、ファタヒラ広場周辺の建物でも2番目に古い建物です。1番古い建物は、元バタヴィア市庁舎であったジャカルタ歴史博物館ですね。やはり古い建物だけあり、歴史を感じさせる建物となっています。

カフェ・バタヴィアについて

オランダ統治時代に建てられた建物

2階の大きな窓が特徴的

現在のカフェ・バタヴィアの建物は、1805年に着工されました。段階を経て、最終的に1830~1850年くらいに今の形になったようです。オランダ統治時代であるため、コロニアル様式の建物となっており、その特徴である大きな窓が目立ちます。
=

コロニアル様式
植民地で発達した建築様式です。本国の建築様式を、現地の材料や風土に合わせて建てられました。建物正面にポーチがつき、大きな窓やベランダが設置されるという特徴があります。
スポンサーリンク

オランダ東インド会社のオフィスだった……のか?

さて、このカフェ・バタヴィア、公式サイトを見ると、このような記述があります。

The building was built in stages up to 1850 and was used as the VOC administration office at the time.

VOCというのは、オランダ東インド会社のことです。つまり、「この建物は当時、オランダ東インド会社のオフィスとして利用された」と書いてあるわけです。

この公式サイトの記述をうけて、日本のネット上でも、「元・オランダ東インド会社のオフィス」という記述をよく見ます。
=

オランダ東インド会社
香辛料などの東洋貿易を行う目的で設立された会社。バタヴィアを拠点に貿易を展開し、江戸時代の長崎・出島にも出入りしました。会社の名がつきますが、軍隊をもつなど、政治的・軍事的国家権力の代行機関とされ、オランダ領東インド(インドネシア)の植民経営も行いました。

=
はたして、そうなんでしょうか? 結論からいうと、おそらくオランダ東インド会社のオフィスとして利用されたことはないでしょう

というのも、オランダ東インド会社は、1799年に解散しています。この建物が着工したのが、1805年ですので、オランダ東インド会社のオフィスとはならないんですね。

ただ、オランダ統治時代の総督事務所として使われたこともあるようです。

その後は……

その後、この建物は貿易会社の倉庫や、ムスリムのメッカ巡礼手配会社の事務所として使われていたようです。1990年にフランス人オーナーによるアートギャラリーが開設された後、現オーストラリア人オーナーがカフェ・バタヴィアを1993年にオープンさせました。

カフェ・バタヴィアに入店してみました

エントランスから素敵な空間

南国感のあるエントランス

写真は、ちょうど入口から入ったところです。この異国感がいいですね。木材が使われてますが、日本ではあまりしない塗分けだったり、飾られている植物がいい感じに南国感を出しています。

スポンサーリンク

1階ではバンド演奏もやります

1階の様子

1階の様子です。写真を見ると、奥にステージがありますが、休日昼過ぎや、平日夜にはバンド演奏を行っているようです。ちょうど私が入店したのも、土曜の2時ころでしたので、バンド演奏をしていて、ビートルズなんかを演奏していました。

2階からはファタヒラ広場を見下ろせる

2階の様子

2階は、テーブル席とバーカウンターがあります。ソフトドリンクだけでなく、アルコール類も飲むことができます。また、洋食やインドネシア料理も頼むことができます。

私はそちらの席には案内されなかったので、写真がないのですが、広場に面した窓の席に座ると、ファタヒラ広場を眺めながら、食事をとることもできます。
=

しかし、窓側の席に行かなくても、レトロな調度品に囲まれて、優雅なひとときを過ごせます。内側の室内でも、落ち着くので、こちらはこちらでいいと思います。

スポンサーリンク

私はアイスコーヒーをいただきました

実は、最初はカフェ・バタヴィアに入るつもりはなかったんですが、あまりに外が暑かったので、ついつい入ってしまったというところが本当のところです。

そのため、体を冷やすために、アイスコーヒーをいただくことにしました。50,000ルピアでしたので、大体500円といったところでしょうか。インドネシアの相場からすると高めですが、この空間で過ごすという場所代も含まれると考えたら、安いのではないでしょうか。

また、実はインドネシアはコーヒーの名産地で、ここカフェ・バタヴィアでは、コピ・ルアックを含めた11種類のコーヒーを飲むことができます。カフェ・バタヴィアにお越しの際は、ぜひコーヒーを頼んでみてください。 (コーヒーを楽しむなら、ホットがいいと思います)

お店情報

店  舗  名 : Cafe Batavia
住  所 : Taman Fatahilah, Jl. Pintu Besar Utara No. 14, Kota, Jakarta
定  休  日 : 不明 
営業時間 : (日~木)8:00 ~ 24:00 (金・土)8:00 ~ 25:00
U   R   L  : https://www.cafebatavia.com/
最  寄  駅: KRLジャカルタ・コタ駅より徒歩10分程度

コメント