東京駅から成田空港への格安移動!THEアクセス成田に乗車 – 満席だった場合は? メリット・デメリット解説

お得な移動情報
スポンサーリンク

東京から成田空港へは、いつも京成電鉄のスカイライナーをよく利用しています。しかし、せっかく安いLCCを使う際に、成田空港への移動に費用をかけるのも少し考え物です。

そこで今回は、東京駅から成田空港への移動方法の中で、格安で移動できる「THEアクセス成田」を利用してみました。

THEアクセス成田とは?

THEアクセス成田の運行会社

THEアクセス成田は、JRバス関東ビィートランセグループの2社で共同運行されています。

JRバス関東は、JR東日本グループのバス事業者です。ビィートランセグループは、千葉県内を主な運行エリアとしているバス・タクシー事業者です。

THEアクセス成田の運行経路・所要時間

運行経路は、

空港行きの場合は、東京駅八重洲南口バスターミナル~成田空港第2T→第1T→第3T)です。

空港発の場合は、成田空港第3T→第2T→第1T~東京駅です。

※一部の便は、東京駅~銀座駅も運行します。

東京駅からの所要時間は、

第1ターミナルは、
(空港行) 1時間15分 (空港発) 1時間5~25分
第2ターミナルは、
(空港行) 1時間5分   (空港発) 1時間10~30分
第3ターミナルは、
(空港行) 1時間20分 (空港発) 1時間20~40分

です。

行きと帰りで所要時間が違うのは、空港内の運行経路が違うからです。また、空港発の場合は、途中の道路事情を考慮してか、時間帯によって余裕時間が取られています。

スポンサーリンク

THEアクセス成田の運行頻度

昼間の時間帯は、おおむね10~20分間隔で運行されています。

なお、空港行き最終は、東京駅18:10発です。空港発の最終は、第3ターミナル22:45発です。これとは別に、深夜便も運行されています。詳しい時刻は、ホームページで確認してみてください。

気になるお値段は…?

THEアクセス成田の料金は、大人 \1,000- と、大変お得になっています。支払いは、事前予約でなければ、車内で清算でき、交通系ICカードも利用可能です。

ちなみに、東京空港交通のエアポートリムジンですと、大人 \2,800- です。おおよそ、3倍近くの差があります。

類似の運行サービスもあります

京成バスグループの「東京シャトル」

類似サービスとして、京成バスグループの運行する「東京シャトル」があります。

料金は、2日前までの予約だと、さらに安い 大人 \900- です。(前日、当日は \1,000-)所要時間も、ほぼ変わらずの1時間~1時間20分です。

こちらの格安バスも乗車してみたら、記事にしてみたいと思います。

「THEアクセス成田」と「東京シャトル」のちがうところ

まず、予約の必要のあり・なしが違います。

THEアクセス成田は、東京駅発の場合は事前予約ができますが、予約なしで車内清算可能です。(ほとんどの方は、予約なしで乗る方が多いようです)

一方、東京シャトルは、東京駅発の場合は、必ず乗車前にチケット購入が必須となります。

また、大きな違いとして、東京駅の乗場が違います。

THEアクセス成田は、東京駅八重洲南口バスターミナルの7番乗場から発車します。

東京シャトルは、東京駅八重洲北口のヤマダ電機から少し北に歩いた道路上からの発車です。

類似サービスのため、間違われることも多いようです。利用時には注意したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

実際に「THEアクセス成田」に乗車してみて…

クオリティは高い!

これは意外だったのですが、格安バスにもかかわらず、車内サービスのクオリティは高かったです。

まず、車内Wi-Fiが完備されています。格安バスなのに、このサービスがあるのは驚きました。

また、座席には、コンセントまで付いていました。(JR担当便のみ)

飛行機、とくに国際線に乗るときなどは、携帯の充電は気になります。空港に行くまでに充電できるのは大変ありがたいです。

予約なしだと、目当ての便に乗れない可能性あり

東京駅発空港行きの便では、予約もできますが、今回は時間が読めないこともあり、予約をせずに直接バス乗り場に向かいました。

バス乗り場に到着したのは15時5分だったのですが、15時10分発の便はすでに満席。次の便は15時30分発の便でしたので、バス乗り場で20分程度待つことになりました

やはり予約していないと、お目当ての便に乗れないことなります。成田空港まで格安で移動できるので、人気も高く、積み残しとなることも多そうです。

やはり定時性には不安要素…

今回は、空港の行き・帰りとも、THEアクセス成田を利用してみました。

行きは、東京駅15時30分発の便に乗車しました。金曜夕方ということで、渋滞が気になったのですが、成田空港へは定時で到着しました。

問題は帰りで、成田空港17時20分発の便だったのですが、日曜の夕方。

東京都心に向かって、高速道路が混む時間帯です。乗車したはいいものの、東関道に乗ってすぐに、酒々井付近で事故渋滞に巻き込まれてしまいました。

渋滞通過に40分程度もかかったのですが、東京駅到着は予定の20分遅れでした。

空港から帰るときに巻き込まれたからいいものの、空港に向かうときに巻き込まれたら、たまったものではありません。

一応、東京都心から空港までの高速道路は、片側3車線の道路となっていますが、渋滞に巻き込まれないとはいいきれません。

空港へ向かうときに利用する場合は、やはり時間の余裕をみた方がいいかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

THEアクセス成田」の利点と欠点について、改めてまとめてみます。

<利点>
料金が安い!(大人 \1,000-)
その割にクオリティは高い!(無料Wi-Fi、コンセント)
高頻度で運行している!(10~20分間隔)
予約不要で乗車できる!
<欠点>
・予約なしだと乗れない可能性あり
・渋滞に巻き込まれ、飛行機に遅れる可能性あり
 
こうして比較してみると、乗車するメリットは極めて大きいんではないかと思います。
みなさんも、成田空港を利用される際には、「THEアクセス成田」の使用を検討してみてください。私はオススメできるかなと思っています!

コメント